ブラックジャックで大勝を目指すコツ

ブラックジャックは勝率の高いテーブルゲームとして、世界中のギャンブラーから愛され続けています。このブラックジャックで大勝を目指すためには、まずルールをしっかりと理解しなければなりません。そのために基本的なルールを記載しておきます。

ブラックジャックの勝ち方

ルールは簡単、配られるカードの合計を「21」に近づけるものであり、ディーラーと競って近いほうが勝ちとなります。シンプルなルールではあるのですが、相手が存在している以上、心理戦となる部分が大きいのです。その影響からか独特の雰囲気が醸し出されることとなり、ギャンブル初心者もあこがれるのではないでしょうか。ブラックジャックには、ベテランギャンブラーによる長年の経験が加味されることで、基本的な戦略が確立しています。大勝を目指すためには、負けを減らして勝ちを重ねることが重要。そのためにこうした戦略、ベーシックストラテジーとよばれているものをしっかりと学習する必要があるのです。

「ベーシックストラテジー?」聞きなれない言葉かも知れないですね。これは、自分のカード合計数に対して、ディーラーのオープンカードを照らし合わせることで最適とされるアクションが示されたものであり、ベーシックストラテジー表として存在しています。もちろん、必ずこの表通りにアクションすれば勝てるというものではありませんし、自分の直感を信じることも大切です。しかし、こうした定石を身に着けておいて損はないことでしょう。カジノゲームには、ベーシックストラテジーからアドバンストストラテジーまでさまざまなものが存在しているのですが、少なくとも基本的な部分を身に着けておかないと、長時間楽しむことができません。

それからブラックジャックで大勝するための方法をもう一つ。それはカードカウンティングであり、すでに消費されているカードをカウントすることで、残りのカードを予測する方法となります。有効となるのは、カードカウンティングによりまして残りカードに「10」カードが多いとなる状況が発生したとき。この状況になりますと、ディーラー側のバーストが非常に高まることは容易に想像できるでしょう?そこで、この状況となったタイミングに思い切った賭けをすることが大切です。一方、残りカードに「10」カードが少ない場合には、プレイヤー側が不利となりますので、賭け金額を自重しなければなりません。
また、カードカウンティングをあからさまに行いますと、カジノ側から退店を求められてしまう可能性があります。メモを取るなどの行動は慎まなければなりませんし、メモを取ってでも勝ちたいと考えているならば、オンラインカジノがおすすめとなりますよ。