カジノカフェにおける摘発の概要

オンラインカジノを楽しんでいて気になるのが、カジノカフェなどの摘発報道ではないでしょうか。こうしたカジノカフェはインターネットカジノカフェの略であり、インカジともよばれたりしています。オンラインカジノが違法ではないとされているのに、なぜカジノカフェが摘発されてしまうのでしょうか?

カジノカフェ摘発のなぜ

その答えを探るには、まず摘発報道を検証してみることが重要となります。
そこで、さっそくこの報道を掲載してみましょう。
2006年2月24日京都府警の捜査班は京都市中京区に所在するインターネットカフェ「ゴールドラッシュ」の摘発に着手し、常習賭博容疑で店員2名および賭博容疑で客2人を現行犯逮捕した。
大体このような報道であり、オンラインカジノを楽しんでいる人たちに大きな衝撃を与えました。その後、同様の摘発が頻発しましたので、これらの関連報道を見聞きした人はかなり多いはずです。
「やはりオンラインカジノは違法であり、家で楽しんでいたらいきなり逮捕されてしまうのでは」このように感じてしまうのも無理はありません。

しかし、安心してください。家でオンラインカジノを楽しんでいて、いきなり逮捕されてしまうようなことはありません。

では、なぜカジノカフェは摘発の対象になってしまったのでしょう?それは現金の流れを検証すれば、誰でも理解できるはずなのです。このカジノカフェでは、フィリピンで運営されているオンラインカジノを利用していました。
もちろん合法とされているものであり、ライセンスを所持しているオンラインカジノなのですが、これを店側がアカウント登録してり、客はその端末を使用してカジノプレイを楽しんでいたことになります。店側は客に対して、1ポイントを100円で現金販売しており、ポイントの残高に応じて現金の授受をおこなっていたのです。客が負ければ店も損失を負うことになるのですが、ポイントに対する値段を高く設定していますから、店は利益を出せる仕組みですね。客が勝った場合でも、ボーナスポイントなどをせしめていますから、よっぽどの大勝をしない限り店側が損をするようなことがないのです。ここでポイントになるのは、店側が利益を出せるシステムになっていて、現金の授受が日本国内でおこなわれていた点であり、こうしたことから賭博罪が適用されることになります。警察はこうしたお金の流れを徹底的に分析しており、言い逃れができないように確実な証拠を集めてから摘発に臨んでいるのです。

カジノカフェは摘発対象

もし、こうしたお店を見かけたら興味本位で立ち寄らないようにしてください。大きなトラブルに巻き込まれてしまうかも知れないですよ!