月別アーカイブ: 2020年1月

担保された安全性と勝利後の対応

オンラインカジノを安心して楽しむためには、気になる点について確認しておく事をお勧めします。
そこで今回は、オンラインカジノの中でも特に気になる点が多いと思われる点についてご紹介したいと思います。

オンラインカジノの運営とその仕組み

オンラインカジノの運営とその仕組み

はじめにオンラインカジノの運営とその仕組みについてですが、まず、オンラインカジノの運営は一般企業となります。
一般企業が運営していると聞くとギャンブルであるという事から不安に思われる人もいるかも知れません。
ましてや海外の一般企業ともなるとより不安も大きくなってしまいます。

しかし、一般企業が運営しているとは言え、オンラインカジノの場合は各国が発行するライセンスを取得しない限り、オンラインカジノを運営する事は出来ない仕組みになっています。
つまり、一般企業が運営していると言っても、後ろにはライセンス発行国の承認が付いていると言えるのです。

ライセンスを取得するためには、高い基準をクリアする必要があり、また手数料も必要になる為、そう簡単にどんな企業でもライセンスを取得しオンラインカジノを始める事はできません。
ただし、ライセンス発行国によっては、手数料のみでライセンスを発行してしまうような国もあるようです。

その為、より安心してオンラインカジノを楽しむためには、ライセンスの発行基準が厳しいイギリスやマルタ共和国・マン島などが発行するライセンスを取得しているか確認する事をお勧めします。

悪質/優良なオンラインカジノの見分け方

優良なオンラインカジノの見分け方として第一にライセンスの有無を確認する事が大切です。
しかしこれはあくまでも最低条件であり、その上でどの国のライセンスを取得しているか確認する事で、より信頼度があがって安心してオンラインカジノを楽しむ事が可能になります。

また、より詳しく知りたい場合は口コミを参考にする事をお勧めします。
オンラインカジノの場合、特に日本人向けのオンラインカジノを選ぶ必要があり、そう言った点で迷った場合、口コミが非常に参考になってきます。

更には、ライセンスを取得しているか確認する事と同時に第三者機関における審査を受けているかを確認する事も重要です。
第三者機関からの審査を定期的に受けているという事は、それだけクリアになっているオンラインカジノだといえ、安心して利用する事が可能になります。

オンラインカジノの入出金方法

オンラインカジノの入出金方法

オンラインカジノの入出金方法の場合、中には入金のみクレジットカードを利用し手軽に行うことができる場合があります。
クレジットカードを利用する事ができるという事で、手元にあるクレジットカードを利用しすぐにでもオンラインカジノを始める事ができるメリットが大きくなっているのですが、これはあくまでも入金のみとなってしまいます。
勝ったお金を出金する場合、クレジットカードを利用する事は出来ず、どうしても電子決済サービスの利用が必要となります。

オンラインカジノから直接、日本の銀行に入金してもらう事は出来ず、電子決済サービスを間に利用し、日本の銀行に入金してもらいます。
電子決済サービスには、ecopayz(エコペイズ)やiWallet(アイウォレット)があり、それぞれ適応可能なオンラインカジノが異なる為、初めにどれに対応しているか確認した上で利用を開始する必要があります。

オンラインカジノは勝ちやすいのか

「オンラインカジノは勝ちやすいのか」と聞かれたら「勝ちやすい!」というのが率直な答えとなります。
日本の公営ギャンブルに比べ、非常に高いペイアウト率を誇るオンラインカジノ。
そのペイアウト率は95%以上とも言われています。

そのように聞くと「本当なのか?」と思われるかも知れません。
しかし、オンラインカジノの場合、店舗を構えず、最低限の人件費などで運営する事が可能な為、その分ペイアウト率として還元する事が可能となっています。

オンラインカジノの勝利金と税金

オンラインカジノの勝利金と税金

では、オンラインカジノで勝った際の収入の税金についてお話させて頂きます。
もし、オンラインカジノで大金を手にした場合、やはり税金は必要となってしまいます。
その際、特に難しい手続きは必要なく、「一時所得」という扱いなります。

一時所得とは、その名の通り一時的な所得と言う事になり、給与などの収入とは別の扱いとなります。
例えば、生命保険で大金を手にした場合などもこれにあたり、これらは会社員の場合、年末調整で申告する事も可能となっています。
競馬や競輪の場合も一時所得となりますが、この場合、勝ったお金を現金で受け取る事が多く、なかなか立証する事ができないとも言われています。

一方、オンラインカジノの場合、銀行に入金記録が残ってしまう為、逃れることができないと考えられます。
その為、必ず一時所得として、申告する事をお勧めします。