オンラインカジノを学ぶ」カテゴリーアーカイブ

法律に記載のないギャンブル

オンラインカジノは合法的な扱いを受けている

オンラインカジノで逮捕される事例というのは、日本国内でオンラインカジノを利用して商売をしているなど、オンラインカジノを利用した問題行動を起こしている人に限られています。
基本的にオンラインカジノというのは、合法という見方をされていませんが、合法に近い扱いを受けており逮捕される可能性は低くなっています。

オンラインカジノで逮捕されるのは問題を起こしている人だけ

オンラインカジノを個人的に利用している人は、日本の警察が調査を行っても逮捕される可能性はほぼありません。
逮捕される可能性があるとすれば、オンラインカジノ側に問題が生じて、警察の調査によって気づかれた場合だけです。
しかし、大半のオンラインカジノは調査が行えませんので、日本の警察では合法に近い扱いを受けており、多くのユーザーは逮捕されず普通にゲームを楽しめます。

しかし、オンラインカジノを利用して商売を行っている場合、オンラインカジノを悪用してお金を稼いでいると判断され、警察に逮捕されてしまいます。
オンラインカジノを利用して商売を行うのは違法行為に該当しているので、この場合は警察に賭博を斡旋したと判断されて逮捕されるのです。

日本でオンラインカジノを遊びたいと思っている人は、商売目的でオンラインカジノを宣伝するなどの行為を行わないでください。
個人的に楽しくオンラインカジノを遊んでいるようなら問題はありませんが、商売などに利用していると逮捕される可能性が劇的に高まります。
個人的にオンラインカジノを遊べば合法に近い扱いは受けられるのです。

オンラインカジノで遊んでも警察は逮捕できない

オンラインカジノで遊んでいるだけでは、警察が賭博に関連する法律を適用して逮捕できません。
そもそもオンラインカジノが違法という判断は下されていませんから、警察が勝手に逮捕してはいけません。
つまりオンラインカジノで遊んでいるユーザーは、合法的にオンラインカジノで楽しく遊べている状態であり、逮捕されるという不安を払しょくできるのです。

警察は本当に違法という判断が下されている場所に限って逮捕という措置を取ります。
違法という判断を受けていないところで勝手に違法という判断を行い、逮捕してはいけません。
オンラインカジノは違法の判断が出ていませんから、逮捕される可能性はありません。
問題行動を起こしている人以外は、オンラインカジノで逮捕されないので安心して遊んでいいのです。

オンラインカジノを遊んでも逮捕されるわけではない

違法として扱われているサービスを使うと、当然サービスを利用している状況などがデータとして残されます。
このデータを解析して、警察が遊んでいたと判断した場合は、最終的に違法なサービスを使っていたために逮捕されます。

しかし、オンラインカジノはそうしたデータを提供していませんし、日本の警察が勝手にデータを検索して逮捕するという方法は取っていません。
従って違法という判断はされておらず、オンラインカジノで遊んでも逮捕されるわけではないのです。

オンラインカジノは違法判断が正式に出ていない

違法の判断が正式に出ているようなら、オンラインカジノを遊んでいるユーザーを逮捕するため、様々な方法を使って警察がデータを収集しています。
しかし、違法の判断が正式に出ているわけではないので、警察としてはデータを収集するのではなく、日本でカジノのサービスを運営している人、もしくはオンラインカジノを悪用して日本で儲けようとしている人を逮捕する程度にとどめています。

本当に違法という判断を下されているようなら、オンラインカジノで遊んでいる人はどんどん逮捕されることでしょう。
オンラインカジノのデータは日本でも収集できますし、日本人が利用しているクレジットカードの履歴等を提供してもらえば、オンラインカジノに入金している状況等がわかり、逮捕できる可能性もあるのです。

しかし、警察が違法という判断をされていないオンラインカジノの調査はほとんどできません。
明らかに日本人に対して危害を加えるサービスがあると判断した場合のみ、違法なサービスの可能性があるので調査を行うケースはあります。
オンラインカジノで遊んでいるユーザーをただ逮捕するために調査をするという方法は取っていないのです。

警察は正式な判断がないままでは逮捕できない

オンラインカジノ自体は違法という判断を日本で受けていませんので、海外のオンラインカジノを遊んでも日本人は逮捕されません。
正式な判断が出されないまま、逮捕するという方法は取れないのです。

警察としては、法整備等によって違法という判断を下せるようになってから、オンラインカジノを遊んでいる人を逮捕する可能性があります。
ただ、法整備が行われている状況ではなく、オンラインカジノを遊んでいるだけで逮捕される状況は起こらないのです。
現在も安心してオンラインカジノを楽しめる環境が整備されているのです。

オンラインカジノに潜む様々な課題

オンラインカジノに潜む社会的な問題について

オンラインカジノに潜む社会的な問題について

オンラインカジノはお手軽に楽しめるギャンブルとして多くのファンを魅了しています。
一方、その陰に潜む社会的な問題が指摘されているのです。

ギャンブル依存症をご存じでしょうか?

日本で近年問題視されているのが「ギャンブル依存症」です。
2017年におこなった専門機関による調査では、ギャンブル依存症と「予備軍」を合わせると、約54万人程度とされており、想像以上に多くの人数が推定されました。
このうち「パチンコ・パチスロ」に関係したギャンブル依存症が40万人とされており、男性女性問わず苦しんでいるのが実情です。
しかも、これらの数値にはオンラインカジノが要因とされるものが含まれておらず、実数はさらに増加するのではないでしょうか。

オンラインカジノとギャンブル依存症の問題点

オンラインカジノとギャンブル依存症の問題点

オンラインカジノの懸念すべきいくつかの問題点の中にも、ギャンブル依存症は含まれます。
元々、アメリカでは、1980年ころからギャンブル依存症が注目されていますが、ギャンブル依存症は一つの病気であり抑止することが出来ないものとなっています。
放置することで、進行していく病気で、破滅してしまう可能性も高いということで、課題となっています。

海外では、ギャンブル依存症の治療に施設などにカジノの収益が使われているというところもありますが、日本では、まだギャンブル依存症について理解が深まっておらず自覚がないケースも多いです。
日本国内でも、パチンコなどでギャンブル依存症問題が叫ばれていますが、現在でもニュースで取り上げられ、借金をしてまで通う依存症の患者が急激に増えています。
オンラインカジノもパチンコと同じく、ギャンブル依存症の危険性があります。

オンラインカジノ独特の危険性

オンラインカジノは運営業者との決済に「クレジットカード」や「電子決済サービス」を利用することがほとんどです。
とくに入金時には「クレジットカード」を多くのプレイヤーが利用しています。ここに「盲点」があるのかもしれません。

「クレジットカード」で入金を続けていると、現金を見ませんから、だんだんと「金銭感覚」がマヒしてしまいます。
また、「クレジットカード」の場合には基本的に「後払い」です。そのため、限度額いっぱいまで使いきってしまう可能性を否定できません。
再確認してほしいのは、「クレジットカードの利用」は借金をしていることと変わらない点です。

設定されている引き落とし日に指定口座の残高が不足すると、りっぱな「金融事故」として記録されてしまいます。
このような状況がつづけば、「クレジットカード」の利用が止められます。
「ギャンブル依存症」に陥ってしまうと、闇金融を利用してでも「お金」を用意して、「ギャンブル」につぎ込んでしまうのです。
これでは、まともな日常生活を送ることはできません。

オンラインカジノと青少年への教育の課題

オンラインカジノは、日本でも広がり始め、一般の方にも人気になりつつあります。しかし、若者の健全な教育に影響を与えるのではないかという考え方もあります。
日本では、オンラインカジノが正式に解禁されておらず法律的にもグレーゾーンであるため、オンラインカジノから遠ざけたり、留意点や楽しみ方をきっちりと教えるといったことが必要になります。
しかし、現状では、こういったきちんとした対応策がとられていないというのが問題となっています。

オンラインカジノと悪質なカジノの問題

オンラインカジノは、優良な大手のオンラインカジノで遊ぶ分には問題はありませんが、悪質な業者の場合、支払いがきちんとされなかったり、スパム広告や宣伝メールが送られてくるという可能性もありますので、注意が必要です。
登録したメールアドレスが流出してしまうということも珍しくありません。

オンラインカジノの業界はまだ新しく、数千ものサイトがありますが、全てが優良サイトとは限りませんのでプレイヤーがきちんと評価を見て選ぶ必要があります。

オンラインカジノと悪質なカジノの問題

オンラインカジノのサービスは発展途上

オンラインカジノは、業界全体が発展途上ということもあり、サービスも、まだ期待できない部分があります。
サポートに相談をしても対応が杜撰なこともありますし、客を客とも思わないような対応をされてしまい、トラブルが解決に至らないこともあります。

オンラインカジノは、他のサービス産業と比較してもサービスの水準は低く、入出金一つにしてもトラブルが起こりやすいという点でも問題となっています。

トラブル解決やプロモーションの申請時に「サポート」はなくてはならない存在ですが、上記の通り一般的な「サービス産業」と比較してレベルが低いとする評価が多くよせられます。
このような状況では、ファン数を伸ばせません。やはり、「サポート体制」の充実は急務であり、業界を挙げて取り組むべき問題とされています。

もちろん、大手のカジノサイトは「サポート体制」が充実していますから、安心して楽しめるのです。日本語サポートを充実させていますから、たいへん助かります。

オンラインカジノについて知ろう

オンラインカジノについて知ろう

ギャンブルの中でも人気が高いのがオンラインカジノです。オンラインカジノは、新しいギャンブルの一つで、1994年に登場しました。その後、インターネットが普及すると同時に、どんどんと世の中に広がり始めました。
今では、日本人プレイヤーも数多くいますし、世界中で親しまれているギャンブルです。
年齢制限はありますが、誰でも無料で登録をする事が出来て、そしていつでもギャンブルをする事が出来ます。

年齢制限がある

ルーレットやスロット、ブラックジャックなど馴染みのある楽しいゲームが揃えられており、最新のソフトウェアのクオリティの高いゲームを楽しむことが出来ます。
オンラインカジノには、今は数千ものサイトがありますし、さらに数百種類のゲームを多彩に楽しむ事が出来ます。
無料ゲームなどもありますので、ある程度練習をして、コツを掴んでから実際にお金を賭けることが出来るなど、とても魅力的なギャンブルとなっています。

オンラインカジノは、勝ちやすいのか?

オンラインカジノは、他のギャンブルと比較してもとても勝ちやすいギャンブルであると考えられています。
オンラインカジノはペイアウト率も非常に高く、97~98%以上の還元率を誇っています。つまり、それだけプレイヤーへと還元される率が高いということなので、勝てるチャンスが高いということになります。
宝くじやスポーツくじなどに関しては、還元率は45~50%と低いですし、パチンコや競馬なども75~80%程度の還元率となります。このため、それほど公営ギャンブルの還元率が良くないことが分かります。

オンラインカジノは、店舗を持たない分、それだけ人件費、テナント料などがかかりませんし、全世界にプレイヤーが存在していますので、儲けをそれだけ還元することが出来ます。

また、オンラインカジノは、それだけではなく、無料ゲームなどがありますので、それで練習をしてから、実際にお金を賭けることが出来ます。
さらに、たくさんの攻略サイトなどもありますし、戦略を駆使してプレイが出来るブラックジャックやポーカーなどのゲームもあります。このため、通常のギャンブルよりも手堅く勝つことは可能となっています。

オンラインカジノの勝ちやすさですが、こういった理由から、勝ちやすくなっているといえるでしょう。

オンラインカジノのボーナス類について

オンラインカジノのボーナス類

オンラインカジノは、どのオンラインカジノでも、ボーナスが用意されています。

初回登録をすれば、初回ボーナスが貰えますし、さらに入金をすることで、入金ボーナスという形で、入金額に応じて、倍以上のボーナスが貰えるオンラインカジノも多いです。
また、月初ボーナスといって、月初めに入金することで、必ず受け取ることが出来るボーナスもありますし、長くオンラインカジノで遊ぶことによって、VIP会員となることができて、ボーナスがアップするサイトもあります。

オンラインカジノには、また各種プロモーションが用意されています。豪華なハワイ旅行などの旅が当たるプロモーションがたびたび開催されていたりもしますし、豪華な景品が当たるチャンスもあります。
ほとんどの公営ギャンブルは、入金をしたら、その入金額分でしか遊ぶことは出来ませんが、オンラインカジノは、このようなボーナスやプロモーションなどの楽しみがありますし、プレイヤーに有利になっています。

オンラインカジノの問題点

オンラインカジノは、このように素晴らしいギャンブルですが、いくつか問題点を抱えています。それはギャンブル依存症の問題です。
オンラインカジノは、チップ購入がクレジットカードなどで出来ますので、目の前の現金が無くなっている感覚が掴めにくく、許容範囲以上のお金を使ってしまうことも珍しくありません。

ギャンブル依存症の問題

また、オンラインカジノは、駆け引きなどの心理戦はスリリングですし、勝ち負けのリターンが大きいことから、より快楽が強いギャンブルとなっています。このため、ギャンブル依存症に陥る方は増えています。
ギャンブル依存症となってしまえば、専門機関や病院で治療をしなければ、けして止めることが出来ないので、注意をする必要があります。ギャンブルにはまりやすい方は、オンラインカジノに手を出さない方が良いといえるでしょう。

オンラインカジノは副業感覚でやるべきではない?

オンラインカジノはこのように勝ちやすいギャンブルとなっていますが、副業感覚で稼げるといった誇大広告を見かけることも多くなっています。
しかし、オンラインカジノはあくまでもギャンブルであるということを認識していなければ、大きく負けてしまい、取り返しが付かないことになってしまうこともあります。
オンラインカジノは、余裕資金でやるべきもので、けして生活を賭けてやるべきものではありません。あくまでもギャンブルの一つであると考えておき、お金をつぎ込みすぎないことが大切となります。